介護保険の算定に役立つ請求書ソフトの選び方

介護保険の算定に役立つ請求書ソフトの選び方

介護保険の算定に役立つ請求書ソフトには、様々な種類がありますがより良いソフトを選ぶための選び方をご紹介します。まず、請求書ソフトにはパッケージ型とASP型の2種類があります。


UASP型の場合にはパッケージ型に比べるとコストをかなり抑えられるメリットがあります。
ただし、いずれのソフトにも初期費用のほかに月額利用料金やバージョンアップする時の料金サポート料金など異なってくるので介護保険の算定に導入する際にはしっかりと確認した上で判断をしましょう。

次のポイントとしておすすめなのが介護保険の請求に必要な算定がわかりやすくなっているかどうかも重要です。



事業所内で担当者1人が行うのではなく、複数の職員が使用することも珍しくありません。


しかし、請求書ソフトでは担当者のスキルにもよってむつかしいかどうかというのも左右されてしまうので、できる限り直感的に理解しやすいようなものであれば、誰が使用してもわかりやすいソフトになるでしょう。そのためにも、使いやすさの判断は1人で行うよりも複数人でチェックをあらかじめしておけば、安心です。

多くの請求書ソフトには無料体験ができるものが多いので、有効利用することをおすすめします。

無料体験の期間に複数の担当者が使用してある程度操作に慣れておけば、実務に入っても支障なく行えるようになるのでよりよい選び方になるといえます。

教えて!gooに関する情報が満載です。

介護保険の請求をより効率よく行うためにも、請求書ソフトの選び方は事前に無料体験をしっかりと行った上で選ぶのが賢明だといえます。

あなたにオススメの介護のセミナーについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

  • 難しくない福祉

    • 介護保険法が改正され、介護予防・日常生活支援総合事業が導入されました。この事業は、平成27年4月から3年間の移行期間を置いて、平成30年度から、市町村事業として実施される見込みです。...

      detail
  • 対策方法

    • 介護は少子高齢化社会の日本において非常に重要な問題とされています。年々介護が必要になっている人は増え続けいてるのに対し介護に協力的な人材は少ないと言えます。...

      detail
  • 意外な事実

    • 介護予防・日常生活支援総合事業とは、これまでの介護サービスの在り方を見直し、地域住民が多様なありかたで介護に参加し、要支援者、要介護者に効率的な支援の手が届く体勢を作るとともに、介護予防にも重点を置いた福祉事業です。平成27年4月施行とされていますが、自治体の状況により平成29年3月まで猶予期間があります。...

      detail
  • 福祉について思うこと

    • 介護予防・日常生活支援総合事業は、厚生労働省が示しているガイドラインにしたがって、それぞれの地域において取り組みがすすめられています。そうしたなかで、この介護予防・日常生活支援総合事業においては、基本チェックリストとよばれるしくみが導入されており、このチェックリストは、たとえ認定を受けなくても、必要なサービスが事業のなかで利用できるように、相談窓口において、本人の状況を確認する手段のひとつとして用いるものとされています。...

      detail